スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア観光

カンボジアのビザ

カンボジアはビザが必要です。
とはいっても、空港で簡単に取れるので、暇がある人はドルと写真を持っていって、空港でとるのがいいでしょう。

でも、団体旅行だったりすると、自分だけビザをとって遅れるわけにはいきませんね。ビザを空港で取るとなると、簡単な手続きではあるのですが、並んだりするので、出口に出るのにビザを既に持っている人より遅くなるのです。
お金のことを考えれば、空港で取るのが1番安いでしょう。

なぜか、大使館で取るとレートがめちゃめちゃ悪くて高くなるのです。

わたしは、今回事前にビザを取ってみました。
しかも、郵送で。

うちからカンボジア大使館て往復したとしても500円程度の交通費なのですが、郵送ってしたことがなかったので、体験も兼ねてやってみました。

大使館から遠い方は便利だと思います。

どのくらいかかるのかというと、月曜に郵便局で出して、木曜に届きました。
結構速いです。

また、値段ですが、観光ビザは2800円+手数料1800円=4600円
ビジネスビザは3200円+1800円=5000円
また、自分が出す現金書留510円に現金封筒代20円=530円

今回わたしはビジネスビザを申請しましたが、5530円かかったということです。
自分で大使館に行けば、3200円+交通費です。
空港で取れば、観光ビザ20ドル(ビジネスビザ25ドル)です。


パスポートを送り返す住所を書くのを日本語で大丈夫かしら?なんて思ったりしましたが、全く問題ありませんでした。返送はクロネコヤマトの宅急便でした。
郵送なんて使う人はあまりいないかもしれませんが、結構楽ちんだったので、事前に取りたいけど忙しいという方にはいいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

大使館のビザ発行手続きはずんぶん速くなりましたよね。私が二年前にビザ申請したときは、郵送もなかったし、発行するのに一週間もかかりました。でもこの前行ったら、たった一日で出来ちゃいましたよ。800円値上げしてたけど…。いやはや、感心しました。
逆になぜ今まで一週間もかかっていたのか不思議です。

あれ~以前から、次の日にはビザはできてたような気がします。
1000円払えば、2回行かなくても、1回行っただけで、できたビザを送ってもらえるので、それも便利かもしれません。それと、いくらか忘れましたが、やはり1000円くらい?多く払うと、即日発行もしてました(ちょっと待つみたい)。

でも、この円高なのに高いですよね~。

観光ビザに2800円払っているのですか?
大使館で取得する時は、いつも米ドルで20ドル支払っています。

Akikoさん、
日本にある大使館では基本的に日本円でしか受け付けてもらえません。
ドルで払おうとして断られている人を見たことがあります。
20ドルで払えるのは特別な立場にある人だけの措置のような気がします。

私が昨年8月に行った時には、そこで申請していた日本人の人たちも、ドルで払って断られていませんでした。そして同日発行していました。20ドルまたは2800円という表示だったので。ただ申請人数が多いと、ドルで払うと嫌われました。

最近は、大使館のHPを見ると、日本人は2800円、日本人以外は、2800円または20ドルと決めたようですね。
そうなると、現地の空港で20ドル払ったほうがいいですね。

あと、25ドルですが、Eビザという手もあります。
http://evisa.mfaic.gov.kh/e-visa/vindex.aspx?lng=Jap
とても早くビザのメールが来たので、びっくりしました。クレジットカードが使えて、自分の写真のファイルがあるのなら、手っ取り早い方法です。特に遠方の方など。ただし、申請最終期限(出発日の3営業日前だったでしょうか)がありますので、お気を付け下さい。
以上は、観光ビザの場合です。

あら~、そうなんですか。
情報ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。