スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

昔の紙幣

今のカンボジアで流通している紙幣は小額紙幣はかなりボロボロのものが多いです。
100リエルとか、200リエルとか、500リエルも。

高額紙幣は、割ときれいなものが多いし、きれいでないと使えなかったりします。ぼろぼろの高額紙幣だと、リエルでもドルでも、つき返されてしまって、使えません。

小額ならいくら汚くても、大丈夫です。


昔の1000リエル札がお土産として売られていたのを持っているのですが(で、これの写真を載せようと苦戦して結局できなかった・・・・)、これはけっこうかわいい。
昔というといつのものかというと、シハヌーク時代くらいみたいです。
シハヌーク時代はとても、町もきれいで、よかったといわれるのですが、お札もきれいでかわいいです。でも、でかい。結構邪魔になりそう。

ポルポト時代になると、貨幣制度が否定されたので、お金は使われなくなりました。
それで、たくさん、銀行に使われずに残っていたお札がお土産として売られるようになったのです。
今それを使っても、お金としては使えません。

今のお札と比べると、昔の方がよくできているような気がします。
カンボジアと聞くと、ずっと後れている国のイメージですが、その昔の時代は結構よかったんだと思います。そこそこ栄えていて、あくせくせずに、暮らすことができる国だったら、かなり素敵な国だったことでしょう。歴史に「もし」はないですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

例外を一つだけ言うと、50リエルはだいたい新札に近いですね

あーそうなんですか。
50リエルはまだ見たことないんです。
今度探してみます。

50リエルは山吹色です。両替所とかではおいてますね。

爆笑したのは、市場でおばちゃんにホチキスで50を二枚重ねたのを100リエルとして渡されたことがあります

リエルに両替したりしているのですが、未だ発見できません。

以前の1000リエルがどこかから出てきて、使おうとしたら、それは古いから駄目って言われました。緑の。

アメリカドルも、新しいのだし、新しいお札がいろいろあって、確かめながら使っています。

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。