スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

鶏さばけますか?

しばらく、カンボジアでご飯が食べられなくて、インスタントラーメンで過ごしていましたが、この頃は自炊できるようになりました。

そこで問題です。

市場に行くと肉が売っているんですけど、もちろんパック詰めなんかされてなくて、肉がごろごろ。
「何グラムちょうだい」というと、量って切って売ってくれます。
市場はプサチャとプサルーが大きいのですが、どちらがきれいかと言えば、プサチャ。プサルーの汚さはものすごいんです。午後に行こうものなら熱気と臭気と足場のどろどろにやられること間違いなしです。何度、買い物できずに回れ右して帰ったかしれません。

でも、そんなに買い物してないんですけど、数回の経験で言えば、プサチャよりプサルーの方がいいです。それは、量りの問題。昔から、はかりには疑問を持っていたのですが、わたしは今キッチンスケールを持っているので、帰ってすぐに量ってみるのですが、プサチャの肉はいつでも10%オフ!!(中身がね)プサルーの肉はきっちりその分入ってました。
そんなわけで、プサルーにいくことに決定。
でも、細かいことを言えば、プサルーの駐車場(バイク)は1000リエルで、プサチャは500リエル。
それでも、プサルーの方がお得な気がします。

で、肉と言えば、牛、豚、鶏と相場はきまっています。
でも、カンボジアの牛は固い。もう固すぎなので、買いません。
となると、豚か鶏か。

鶏は、丸ごと売っているんです。それはちょっとと思うので、豚にします。
しばらくすると、毎回豚で飽きてくるんですね。
カンボジアは鶏がおいしいっていうのに。

で、鶏に挑戦。

ただ羽がむしってあるだけの丸ごとの鶏を買いました。
鶏は半分てのも売ってくれます。
丸ごとって、いったいどうしたらいんだろうと思えば、おばちゃんが、しっぽのところとって、半分に切ってくれました。

日本では(東京です)鶏といえば、「もも肉」とか、「手羽先」とか、「ささみ」とか、「砂肝」とか、そういうのを選んで買ったものですが、ここでは、全部丸ごともれなくついてきます。
ささみだけとか、砂肝だけとかそういう買い方はできません。

あ、できるんです。
そういう風に、パーツごとに売っている肉もあります。
でも、それは、タイ製だとか、工場で作られたのだとかいってて、別の製品なのです。
カンボジアの普通の鶏は丸ごと売っているのだというので、それじゃあ、せっかくなので、丸ごとを買うしかありません。

よく考えてみれば、日本では工場で作られた?肉を食べていたはずなので、パーツごとのものを買っても全く問題ないと思うのですが、なんか丸ごとの方がよさそう。
タイのものはなぜみんな敬遠するかといえば、タイのものはカンボジア人用に薬をたくさん使っているからとどの人もこの人も言います。確かに輸出用の物は自国で消費するものと違って何かするというのもそうかもしれないなーと思います。

鶏肉さばきましたよ~。やれば人間できるもんですね。
初めてなので、きれいにとはいきませんでしたが、肉と骨は分離しました。
世界ではこうやって鶏肉は丸ごとを指す国の人のほうが多いのでしょうか?
きっと、これからもうちょっと上手になるはずです。
全くもう、カンボジアって不便ねみんなこんなに肉をさばくところからはじめるのねって思ったのですが、よく考えれば、カンボジア人はそういうことはしないのだと思います。
なぜなら、鶏肉料理とはいつでも、骨付きだからです。
食べにくいって思わないのでしょうか?
だから、わたしは、バイムアン(鶏ご飯)の方がおいしいと思いつつも骨があるのが面倒だよなって思いバイサッチュル(豚ご飯)を頼んでしまうのです。
スープに入っている鶏肉だって、骨付き。魚でも鶏でも、カンボジアではさばくっていうより、ばんばんぶつ切りにして料理するのが普通です。

でも、ああやって、タイ製は胸肉とか、もも肉とか、分かれて売っているのだから、後3年後くらいにはカンボジアでもそうやって売られる日がやってくるのかもしれません。

レバーとか、砂肝とか、うちは冷蔵庫があるので、貯めといてまとまったら料理しようかなとか思うのですが、冷蔵庫のない家ではいつでも丸ごと食べないとならないから大変だろうと思います。それが普通だからなんとも思っていないとは思いますが。

とまあ、鶏肉を食べると言うだけでこの騒ぎなわけです。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

さらっと・・・

頑張ってますねー。牛、豚、鶏、確かに牛はゴムみたいに固いから除外になりますね。でも、牛筋とか牛タンとかテールとかなら、お勧めできますよ。柔らかく炊いてシチューとか煮込みにすると美味しい!確かに豚、豚、豚では飽きますね。あと、ひき肉料理したくても、ひき肉そのもので売られてはいないので自分で塊肉買ってきて、汗だくでひき肉化しないといけないのであれはー疲れます。やってらんないので、すり身マシンみたいの買いましたが、使用後分解して洗うのが大変でどっちもどっち(笑)。

さらっと色んな事にトライするMolisさんの日常を読むのはとても痛快で、カンボジアに住み始めたばかりの頃の自分を思い出します。最近はなんかいろいろ面倒で怖いもの知らずの昔の自分を思い出すと、他人事みたいに思えたりして(笑)。

おおっ、そうです、そうです。牛タンというものがあったんですね。テールスープか。それは是非とも挑戦せねばなりません。煮込めばいいんですよね。ビーフシチュー作らなくちゃ。

ひき肉、大変ですよね。隣から、トントン包丁で叩いている音が聞こえてくるとひき肉にしているのかしらって思います。

もう、全く面倒です。市場から帰ったら、汗だくになって鶏の解体ですよ。ささみの小ささに驚いたりしながら。
どうぞ、温かく見守ってください。

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。