スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

おせんべい

わたしは、けっこうお菓子も作るんです。洋菓子が多いのですけど。
簡単なものでプリンはもう、自慢の一品です。有名なとこのをわざわざ買っても、わたしの方がおいしいかもって、だいたい思います。ほかのは、まあ、まあ、家庭で作った域ですが、プリンだけは自慢できます。

で、ワッフルにもち米の粉を入れて作ったらけっこうおいしかったって話を以前書きましたが、そのときに、普通のお米の粉を入れたら、全然だったのです。バリバリしておせんべいっぽくて。

ってとこでひらめいちゃいました。


そうだ、おせんべいを作ろうって。
普段甘い系のお菓子ばかり作っていたので、しょっぱいのが食べたくなったし。

そして、作り方を調べてみたら、なんだか、おせんべい大変そう。
でもまあ、やってみました。

おせんべい

おせんべい、撃沈。
難しかったです。
作るのも、熱いのこねたり、べとべとしているのを伸ばしたりで、けっこう大変でした。しかも、乾燥に2日くらいかけたし。時間も労力もかけたのに、結果はガチガチのおせんべいもどきになりました。
あー。もう、おせんべいは作らないかも。
おせんべいって日本では安いですけど、作るのは大変なんだなーと実感。機械化されれば簡単なのかもですが、手作りはめちゃめちゃ大変。

普通のお米の粉は、ワッフルにはよくないけど、ホットケーキには問題なく使えます。小麦粉と、もち米粉と、普通米粉をいろいろ使い分けて、日々工夫しています。


ところで、カンボジアでも、お菓子はたくさん売られています。揚げ菓子も多いです。
ドーナツのようなのもあるので、ベーキングパウダーとか、そういった膨らし粉があるに違いないと思ったんです。スーパーマーケットにはありました。
でも、市場にはなさそう。
夫曰く、「粉を前の日に作っておいて、それを使う」んだそうです。そうかな~と思って、揚げ物を作っているおばちゃんに聞いてみました。やっぱり、答えはそう。
「ほうら、古いのを残しといて使うって」
んーと考えてひらめきました。

「自家製酵母」

です。
カンボジア人は小麦粉から自家製酵母をおこして、それでお菓子を作っているんですね。
ほ、ほー。
やるな、カンボジア人。

わたしはパンも作るのですが、ホシノ天然酵母で焼いてました。
それもこれも、自家製酵母って、大変そうだから、ホシノ天然酵母を使っていたのですが、カンボジアでは自家製酵母が主流ですか。
これは、わたしも作るしかないです。
小麦粉だけでなく、スイカからも酵母はおこせるし、色々なものから酵母は作れます。
スーパーにはイーストも売っていましたが、そのうち、自家製酵母に挑戦しましょう。


実は今までの失敗作はおせんべいだけではありません。
最初の失敗作は甘酒。
市場で「これはお酒を作るばい菌です」
と夫が言うもんだから、そうか、麹か、麹っていうと、甘酒か。
と早速買って、うきうきと作りました。

結果、「じゃりじゃりする・・・・・・」
なんか、砂っぽく、味も違うので、捨てました。
麹といっても、いろいろあるし、日本のものとは全然違うのです。
これで、味噌も作れるかも~と妄想は膨らんだのですが、失敗甘酒で、全て消えました。
ベトナム産の麹だったのですが、ほぐしている最中から、なんか籾殻みたいなのがたくさんあって、????な感じだったのですが、やっぱり駄目でした。

これも、乾燥麹でなく、カンボジアの田舎では生麹を使ってお酒を造るということなので、そのうち麹作りにも挑戦しちゃうかもです。

田舎のカンボジア生活はこのように、なんでも手作りなのですが、カンボジアに住んでいる日本人がこんなことをしているわけではないのです。こないだ、長く住んでいる方とお話してたら、鶏も牛タンもさばいたことないとおっしゃってました。わたしは、他に誰もやってくれる人がいないので、しかたなく、これからも、この路線を開発していきます。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

次はこんにゃくですよ。

ないのかなー、こんにゃく芋。ベトナム原産なのに。

No title

こんにゃくもいいけど、実は今欲しいのは「油揚げ」なんです。
油揚げって、ちょっとした煮物にも必要だし、味噌汁にだって、必要だし、かなり脇役だけど、かなり重要なものだと最近認識しているんです。
なのに、やっぱり、手作りとなると難しいようで。豆腐は一応売っているんですけど、油揚げは見かけないんですよね。

No title

もう うんこ なんて書きませんよ。出禁にされちゃう。

豆腐は、あれにがりじゃなくて石膏つかってるはずなんで、豆腐作るところからスタートですね。

油揚げは、いなりずし用の煮てある奴をお土産にしたりしますが、それなりによろこばれますよね。何が売ってないからよくわからないから、ちょっと良さめのミリンとかそういうのが多いけど、molisさんはミリン作るところから始めそうだからなー。
ヤギ飼ったらヤギ乳のチーズに挑戦、とかやりそうだし、モッツァレラ作りたいからって水牛飼いそうだし。

いや実際、何がほしいのかわからないことが多いです。
日本食屋さんなのに「ティーバックじゃないお茶」とバンコクにいるときに言われて、プノンペンに行ったら確かになかった。あんな軽くて、中国でも作ってるようなのが。

で冷凍ケースを見たら「冷凍青汁」なんてものがある。

日本特有の うんこ みたいな見た目の調味料の味噌もお土産に考えるんですけど、好みがあるし。
みんなタイ製のダシ入りでがまんしてるみたいですね。

No title

確かに何があって何がないか、本当にわからないです。

あって驚いたものに、「コアントロー」お菓子作りに必要なお酒なんですが、普通にスーパーマーケットで売ってました。しかも、安い!わざわざ持ってきたのに。バニラ(エッセンスじゃない)本物のバニラも売ってました。おお、と喜んだものの、いったいこれって需要あるのか?ってかなり疑問です。安い香料も当然売っているんですが、バニラって。うれしいけど、あるんだ~ってびっくり。

豆乳があれだけあるので、豆腐にはいつか挑戦しちゃうかもって思ってましたが、売っている豆腐ってよくないんですか。知りませんでした。東京、上海豆腐だったか、とにかく、日本と中国の地名が書いてあって、いったいどっちなんだ!って豆腐がよく売っています。石膏っていったいそんなもんどうやって入れるんでしょう。

洗濯の日本でよくある角型ハンガーもプサルーで見かけました。持ってきたのに。
あと、市場では日本製の泥パックとか売ってました。使い方誰かわかるんだろうかって心配になりました。

だしといえば、カンボジアはだしは使わないみたいで、乾物をいくら見てもだしっぽいものはないんですよね。干しえびとか、干しイカばかりで。でも、スーパーで、日高昆布売ってました。
しばらくは、いろいろ見ているだけで、楽しめます。

コメントの投稿

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。