スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア観光

開運ツアー

カンボジアには伝統的な霊媒師メーモットがいます。

メーモットはだいたいおばさんです。
霊媒師と聞くとなんか、おどろおどろしいイメージだったのですが、実際に会ってみたら、そんなことは全くありませんでした。

カンボジア人は困った時、悩んだ時にメーモットのところに行って相談します。そうすると、メーモットに霊が入っていろいろおつげがあるのです。
占いとはちょっと違いました。
カンボジア人は占いも大好きで市場にもたまに占いコーナーができていたりします。

うわさには聞いていたメーモット、今回体験してきました。

入り口の飾り
 
入り口のところにはこんな飾りをしてここで、降霊をしてますよと、霊たちや、神様にお知らせします。

古典的なカンボジアの楽器による音楽が始まります。
音楽の前には奏者たちはお酒でいっぱいやります。
そうすると、メーモットに霊が入ります。

踊るメーモット

ひたすら明るい音楽なのですが、メーモットは踊り始めます。
これがけっこう長い。
みたら、よぼよぼのおばあちゃんなんですが(中央の立っている白い服のおばあちゃん)元気に踊ります。そして、着ていた服を脱ぎ始めます。

このメーモットの場合、いつも入る霊は軍隊の男の霊とその妹(こっちも軍人)の2つです。
まず、男の霊が入りました。
男のメーモット
わかりにくいんですけど、男の服に着替えて軍人の帽子をかぶっています。

今は男の状態です。
いろいろしゃべってます。この時にお悩みを相談します。
見てのとおり、周りにはたくさんの人がいます。
後ろの方で座っている団体が音楽の人たちです。

次に女の霊が入りました。
女のメーモット
女の服に着替えてます。

やはり踊りまくります。
なんだか、音楽も楽しいし、とても愉快な降霊会です。

女の霊にも相談します。

カンボジア人が「うちの息子が遊んでばかりでちっとも真面目にやらなくて困ってます。」と言ったら、「大丈夫、よくなるから、息子のこと、あまり追い詰めちゃ駄目ですよ。」なんて言ってました。

それから、女の霊は帰りたいと言っているけど、また男の霊が入ってきて、ご飯が食べたいと言います。用意してたご飯や、お供え物を出します。ご飯を食べるのに、音楽が足りないとかいって、音楽をたくさんやらせてました。そして、霊用にごはんを取って、それを、門の外へまきます。
メーモットには入らなかった、色々なほかの霊が回りに集まってきているので、その霊たち用にあげます。
それから、お米をまいたりして、あっという間に霊は去ってしまって、降霊は終わります。

お供え物には香水もあって、それをしゅっしゅと相談者はかけられます。
これなんですね。
今でこそやらなくなったけど、昔は夫はやたらと香水をシュッシュとしてました。自分にかけるのではないのです。どこか、神棚らしきものにかけたりします。これ、臭いからやめてとかなり文句を言って、ようやくそんなこともあったなくらいになったのに、メーモットにまた、香水をもらってしまいました。ああ、好きじゃないにおい。
カンボジアでは、こういうお祈りと香水はセットになっているようです。

体験してこれは、占いとか、相談と言うより、邪気を払うお払いみたいなのかなと思いました。
降霊とか、霊媒師と言うと、なんだか、びっくりですけど(でも、そのままなんですが)、神社で厄払いをするようなそんな感覚かなと思いました。でも、お払いとはちょっと違って、やはりアドバイスはあるわけです、霊から。カンボジア人はすごく、これの言うことはよく聞きます。

今回は音楽隊(村の人、農業で忙しい時期なのに集まってくれました)もつけてのかなり大掛かりな会だったのですが、こういった規模の会は1年に1度しかできないそうです。あとは、音楽なしの降霊だけ。音楽がないといったいどんな感じかわからないのですが、地味にやるそうです。
ちなみに、今回の降霊会では、かなり散在しました。カンボジアではお寺関係や、メーモットといった宗教関係にはたくさんお金をかける傾向があります。いや、驚くほどかかりました。
町のほうだともっと、数百ドルかかってしまうそうです。
これは村だったのですが、メーモットはどこにでもいるわけではないので、遠くからもお客さんはやってくるそうです。


カンボジアにどっぷりとはまってしまった、あ・な・た。
メーモットに会いに行ってはいかがですか。
メーモットによる開運ツアーはロムチョンツアーでアレンジできます。
お問い合わせはROMCHONG TOURまでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

開運とかいって、ほんとは呪殺コースとかもあったりして。

カンボジアの娘さんにモテなくなるコースってのはお願いできませんか?

No title

メーモットはブラックマジックはやらなくて、ブラックマジックにかかった人を助けるらしいです。

モテモテで困るなんて、にくいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。