スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの文化、生活、習慣

お坊さん

これは以前見た結婚式の様子。

お坊さん

ものすごい数のお坊さんでしょ。右端にちょっと見えるのが結婚式の会場です。こんなにたくさんのお坊さんがずらずらと入っていきました。(といってもオープンエア)
カンボジアではこのように、結婚式にはお坊さんが必ず必要です。
でも、これはかなりたくさん。これだけお坊さんを呼ぶとは、この結婚式の主催者はかなり鼻が高いでしょうね。すごく目立ってましたし、近所へすごいアピールになります。
冠婚葬祭なんてものは、どこでも、こんなかんじで見栄の張り合いみたいです。


お坊さんと言えば、托鉢もあります。
以前は早朝にしか来ないもので、早朝と無縁だったわたしはほとんど見る機会もありませんでしたが、この頃の町では、けっこう遅い時間でもやってきます。9時とか。本来ならお坊さんはお寺にこもっている時間なので、ありえなかったのですが、ライフスタイルの変化から、お坊さん社会も変わってきているんでしょうか。カンボジア人はとても信心深く、お坊さんを大切にして、托鉢も待ち構えててあげたりしてますけど、わたしは、全く興味がないので、そのままお帰り願ってます。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

No title

前に、偽坊さんに合った事があります(笑)
その時は夫が一緒だったので、教えてくれました。
小さな男の子と一緒に、托鉢(?)に回ってました。
でも、外国人には、本物か偽者かなんてわかんないですよね~
ちなみに私の夫は、お坊さん出身です(笑)

No title

そんな偽者っているんですね。びっくり。
お坊さん出身だと、なんだか、とっても、いいみたいですよね、カンボジアでは。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。