スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

病院

カンボジアの医療水準の低さはいろいろ言われてますが、やっぱり相当なようです。

まあ、裸足で病院に入るといった時点でアウトですけど。

シェムリアップのことですけど、国の病院はあるんです。
日本大使館からのお知らせでも、何か病気になったときはそこに行くように書いてあります。

でも、そこの病院に行ったところで、あまり治療はしてくれないそうです。
なぜなら、そこで働いていると言うか一応、名を連ねているお医者さんたちは、みーんな別に自分のクリニックを持っているのです。だから、そこに行ってお金を払って診察を受けないとちゃんとしたことはしないそうです。

義父は入院して(そもそも入院が必要だったかも疑問)、数百ドルかかりました。

しかし、結局何の病気だったか、どんな状態だったかの説明はなし。
よくわからないままお金がかかるからといって退院。

こんなかんじでした。


日本政府からたくさんの援助を受けていても末端はこの有様ですから、困った人が助かることはないみたいです。

あ、外国人できちんと旅行保険に入っている方なら高くてきれいな病院があるので、心配はないようです。


カンボジアでは病気にならないことが一番いいようです。
お祈りに頼りたくなる気分もちょっぴりわかりました。

お金を払ったなら払ったなりに何かあるならまだいいですけど、特にたいしたことはなかったです。お得意の点滴をするだけ。カンボジア人は点滴が大好きで、点滴さえすれば、病院に行った感があるようです。

学校でも公務員でもどんな仕事でも、賄賂とかそういったお金が必要だったりするんですけど、確かに給料安すぎるからということは理解できますが、そういった精神の人ではいつまでたっても、そしていくら給料をもらったとしても、たいした仕事はできないと思います。お金が少なかろうと、多かろうと、仕事は仕事できちんとするってことは基本です。

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。