スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア人

ソーちゃん

我が家にお仕事できてもらっているソーちゃん。
0歳の子の母。
3歳の子のいるわたしとでは、日本ではママ友?の関係かもしれませんが、何せソーちゃん自身が19歳なので、どっちかというと、子供の感覚。

初めにうちには、電化製品があるけれど、日本製だから、変圧器を使わないと壊れちゃうから気をつけてね。といいました。ところで、日本の電圧は100Vなんだけど、カンボジアの電圧は知ってる?なんて聞いたりして。ソーちゃんは知りませんでした。

この後、そんなの知るわけがないのを知りました。

ソーちゃんは、カンボジア人でカンボジアで生まれ、カンボジアで育っていますが、字はあまり書けないし、あまり読めないのです。カンボジア語って、文字がとても多くて、勉強した人でないと、書いたり読めたりできないのです。ソーちゃんは小学校を途中で先生がいじめるからとやめているので、名前くらいしか書けません。
若いのに。母なのに。
しかも、8時に来てね、と言ったのに、来たのは7時20分。
今何時よ?って聞いたら、時計は持っていない。時計を見せると、「7時4分」といいました。
がびーん。
時計も読めない。
なんか、適当に毎日やってきます。

うちでは、そんなわけで、お金を払いながら、仕事を教えて、字を教えて、時計を教えて、その他にも家計の計算を教えたり、市場での計算を教えたり、なんかたくさん教えてます。(計算もよくわかってない)
でも、おばかさんじゃないんです。
言ったことは、ちゃんと理解するし、覚えも良い。若いって良いな~なんて思ったり。

19まで、何も教育らしいことを身につけずにきてしまったのですが、まだまだ19歳。これから、仕込みがいがあると思ってます。
やる気はあるんです。

カンボジア人は挨拶をしないで、もっさり入ってくるってよく日本人は思うようです。
ソーちゃんもそうでした。
無言で入ってきます。
おはようとか言ってみようと提案しました。
しかし、
ソーちゃんはカンボジア語でおはようを知りませんでした。
おやすみなさいとか、カンボジア語でもあるんですけど、知らない。
うちでは、夫が毎日言っているんですけど、そうじゃないカンボジア人はいるんです。
しかも、カンボジアでは1月2月・・・という言い方のほかに日本で言えば、弥生、卯月・・・・なんていう言い方も普通に使われています。わたしですらだいたいわかりますが、ソーちゃんは知らなかった。

もーこれは圧倒的に親が悪いといったところで、ソーちゃんも親になっちゃっているわけだし。

日本人だから、日本のことを知っているとは限らないのと同様以上にカンボジア人だから、カンボジアのことを知っているとは限らないわけです。

でも、いいんです。
頑張る子は応援しますよ。
いい子だし。いい子はかわいがっちゃいます。

そしてまた、今日虫歯があるのが発覚。
痛いとか言ってて、見たら、大穴がぼっこり。
もうこれは神経とって、根っこの治療をするしかないです。
でも、歯医者は高いからといっていかないらしい。
50ドルはするというので、それは大変だと思えば、歯医者に言って聞いてみれば、そこまではしないらしい。歯医者にも連れて行ってあげないと。たぶん、歯医者さんとかも気後れしちゃって行けないのでしょう。でも、歯だけは放っておいてどうなるわけでもなく、治療しないと。

今は歯を磨いているらしいのですが、小さい頃は磨いたことなかったらしいし、今磨いているから大丈夫と思っているらしい。この辺の子もみんな、虫歯だらけです。歯磨きなんてしたことないみたい。
その割りにはお菓子は食べっぱなしだし。うーん。何もかも無知からくるんですよね。カンボジアきびしー。
ソーちゃんの赤ちゃんには、ちゃんと歯を磨くように、食べた後に磨くのを教えました。

今日は皆既日食のテレビがやってたので、一緒に見ました。
でも、それよりも、ソーちゃんが気に入ったのはわたしが書いた、手とか足の絵。ものすごく興味を持ってみてました。
ここで、いろいろ覚えて、これからの人生よくなるように、頑張りましょう。知らないからって、いいようにされている人のままじゃ、もったいないですからね。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

確かに日本人だから日本のことをよく知っている訳ではないですよね。カンボジアの子達と生活している時に私より日本のこと知ってると思う時が多々ありました(笑)ソーちゃんが立派なお母さんになれるように私も日本から応援しています!!

No title

すごいですねー。ベトナムは識字率が90%超えるそうですが、たまに文字をしらない人がいます。主人が仕入先に物を受け取りにいったら、そこに若いお姉さんしかいなくて、領収書書いてくれと頼んでも字を知らず自分で書いたそうです(笑)。やっぱり義務教育期間は苦しくても国がお金を出すべきだと思いますね。子どもは国の宝ですし。学校で衛生教育もすべきだと思いますね。政府主導で何とかしてほしいものです。自分のできるところから、じゃないですけど、molisさんがそうやって仕込んでいって、ソーちゃんを通じて少しずつ色々なことが周囲に広まっていけばいいですね。ところで単なる好奇心ですが、ソーちゃん赤ちゃん連れで働いているんでしょうか。

No title

azmさん
応援してくれて、ありがとうございます。

モモさん
実は、彼女の家には働いていない大人がごろごろしてますので、赤ちゃんはそういう人が見ています。問題多いんですよね。
でも、だいたいこっちのそこらへんの人は、子供の面倒なんて見ていません。路上でぽつんとはだしや裸で遊んでいる子たくさんいます。大丈夫なんだろうか、いったいどういうつもりなんだろうかといつも心配してます。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。