スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア観光

置き去り

昨日は夕方車でお散歩しました。
いつもはバイク4人乗りですが車で。

風が違うし、景色も違います。
あまりにもバイクに慣れすぎてしまって、車のガラス越しだとなんだか風景が偽者みたいです。せっかくアンコールワットにきたのならこんなんならバスでのツアーなんて味気なくてもったいないね、なんて話しながら乗ってました。
確かにバイクは危ないし、車は快適だし、難しいところです。

プノンバケン前にはたくさんのルモーや車が。
この時間はサンセットに来るお客さんでいつもいっぱいです。

そして、夕闇迫る中、プノンバケンを過ぎると、人通りもほとんどなくなりました。
たまに、自転車の人がいて、暗くなったから、危ないよね~なんて話していたところ、歩く人を発見!

自転車でも、人もほとんど通らず、暗くて、泥棒とか危ないなって思っていたときに歩いている人はいったいなんなんだと止まってみました。

イギリス、オーストラリアからの女性2人で、ルモーがいなくなっちゃったというのです。タプロームではぐれてしまい、歩いて、戻る途中でした。まだまだ、町までは遠く、本当に危ないので、車に乗せてホテルまで送って行きました。知らない車に乗るのも不安だろうけど、こちらは子供も乗ってて、怪しさ0だったらしく、喜んで乗っていきました。
あのまま歩いていたら、ホテルに着くのは夜中だったかも。

悪いルモーでお客さんを置いていってしまったのか、単に言葉があまり通じなくて行き違いになったのかよくわかりませんが、自分が置き去りにされたら、本当に困ってしまいます。その女性達はかなりあっけらかんとしてましたけどね。
夫とべらべらしゃべっていて、わーあなたの英語はすっごくいいわね~、なんて言われてました。こっちでは、イエス、イエス言っているものの実はよくわかっていないなんてのは普通にありますから、気をつけないとなりません。

ジャングルで野宿しないですんだわ~なんて喜んで帰っていきました。まあ20kmくらいありますからね。



こんな事態にならないように、
ロムチョンツアーでは、お客様の安全と楽しい旅行をモットーにお仕事をしています。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。