スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア生活

タイル張り

カンボジアの家は木の家でなければ、セメントの家です。
今すんでいるところもそうです。
床はタイル張り。

日本からの引越し荷物の中にコップもありました。
日本からカンボジアにはるばる来るのには無傷でやってきました。さすが日本の引越しやさんの梱包。割れ物は全て無事でした。

でも、それなのに、ここにきてすぐに、コップは3つ割ってしまいました。
買ったばっかりの小皿も2枚。
すべて、タイル張りの床のせいです。
落としたものは全て割れます。
ちょっと、困ります。
今まで10年間でもお皿やコップはほとんど割ったことがなかったのに、あっという間に記録更新。
カンボジアではかなり気をつけないとなりません。

まあ、お皿やコップならただ割れるだけですが、子供にもけっこう危険です。
日本では畳や絨毯で生活していたので、そんなに危ないとも思わなかったのですが、タイルだと痛い。下の子は以前いすに乗ったまま後ろに倒れて頭から落ちそうになりました。
わたしがちょうど隣にいて、両手がふさがっていたのに、一瞬で片手で子供の片足をつかみ危機一髪で頭から落ちずにすみました。怖かったですよ~。
自分でも良くやったと思って夫に言ったところ、「人間は非常時に大変な力を発揮するもんだから。」と普通に言われましたけど。こういう時はすごかったねといってくれればいいのに。

あと、カンボジアの家には窓という窓に鉄格子が入っているのが普通です。
これは泥棒よけです。
安心ていえば安心だけど、かなり牢屋にいる気分です。

そんな家なので、何かあったときに窓から逃げるという選択肢はありません。とにかく侵入を防ぐ目的だけで作られているので、自分が脱出をするときにでもそれはできません。
地震がないというので、逃げるということは考えてないみたいです。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

NoTitle

コンクリタイル、こちらも同じくです。
子どもがベッドから落ちたらどうしようって考えちゃいます。旦那さんは時々ベッドから落ちてたらしいですが、頭は無事だったそうで。我が家は階段も多いので幼児には危険だらけの家です。

NoTitle

そうですか~。そうなんですよね。うちもベッドから子供落ちました。ほんと、危ないので、気をつけないとって思ってます。

NoTitle

旦那さんにもうちょっと突っ込んで聞いたら、子どもの頃は蚊帳を使っていたそうです。蚊帳の両端をベッドのマットの下に敷きこんでいたそうです。子どもで軽いせいか、ベッドから落ちるのもズドン!ではなく、ゆーっくり落ちて行くんだそうです。時々落ちたまま寝ていたこともあったそうです。

NoTitle

蚊帳があったらいいかんじで落ちていきますね。
なんだかほほえましいエピソードですね。

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。