スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの文化、生活、習慣

エコ生活

籾殻

卵を買うとき、こんな風に緩衝材として籾殻を入れてくれるお店があります。
ただ卵だけを袋に入れてくれるお店のほうが多い気はします。

なんか、エコなかんじですよね。

籾殻はこういった緩衝材として使われるほかには、氷のまわりにつけて断熱材の役目をする場合もあります。
最近はなんでも、プラスチックを使ったものが増えているカンボジアでこういった昔ながらのエコ生活を見ると、そうよ、これがカンボジアよね~なんて思います。

また籾殻のほかの用途は、有精卵を孵化させるための保温用に使うこともあります。
そして、細かく砕けば、豚や牛のえさにもなります。
籾殻、無駄がないですね。
これだけ使われれば、籾殻も本望でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。