スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア観光

バンテアイトープ

バンテアイチュマールからちょっと離れたところにあるタプローム。今修復中です。
バイヨンみたいな顔ですが、バイヨンの顔とはちょっと違うし、ちょっと小さいです。

Bタプローム

地雷マークがありました。久しぶりに見たかも。
まだ、ここは地雷が残っている可能性があります。
Bチュマール地雷マーク

バンテアイトープというのが近くというかちょっと遠くでしたがあります。
ここには、木の天井が残っています。蓮の花が彫られています。
Bトープ
Bトープ1


バンテアイチュマールとセットで、バンテアイトープにも行けます。
もう、観光客なんて全くいません。

近くには、バライという人造湖がありました。今はまだ水がありましたが、乾季になると干上がってしまって水の中にあるお寺までいくことができます。
バライはシェムリアップにもありますが、こんなところにも作っていたんですね。バライの好きな王様だったのでしょう。バライのおかげで農業ができるのです。この地域は水があまりないそうです。
また、近くには、ポルポト時代に作られた貯水池もありました。こちらは今でも水がたっぷりあるようでした。

3時間もかかるので、ちょっと時間のない方は無理ですが、遺跡マニアの方はバンテアイチュマール、バンテアイトープいかがですか?

道も、悪いといえば悪いのですが、普通に走れるので大丈夫です。
もう、昔の道が悪いというのはものすごく悪かったのです。今はバンテアイスレイは普通に観光できますが、1996年は道は悪いし、バイクで行ったら、もう土で全身真っ赤になるし、でこぼこで、車は普通に走れないし、大変でした。しかも、初めの頃は、軍隊の警備を付けないと見学できなくて、ガイドなしで100ドル以上はかかるものでした。その頃は日本語ガイドなんてたぶんいなかっただろうし。
もう、道という道は、全部ぼこぼこで穴だらけだったので、道が悪いと聞くと、昔の6号とか思い浮かべてしまうのですが、バンテアイチュマールへ行く道は、ちゃんと道だったので、けっこういいじゃないかって思ってしまいました。

そんなわけで、遺跡好きの皆さんはいろんな遺跡に気軽に行ける時代になってきました。バンテアイチュマールに行きたい方は
ロムチョンツアーまでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。