FC2ブログ

カンボジアの花

マンゴーの花

今日は、珍しく雨が降りました。
カンボジアは今は乾季で雨は数ヶ月降りません。でも、このようにたまに降ります。
今の時期に降る雨を
「ボンコ プカー スバイ」
といいます。
マンゴーの花の恵みの雨とでもいいましょうか。

今はマンゴーの花の時期なので、ちょうど今頃に降る雨をそのように言います。この雨でマンゴーがたくさんできるとか。

マンゴー1
これが、マンゴーの花です。

マンゴー
もう、小さな実もできています。

マンゴーって、カンボジアではかなりありふれた木でそこらじゅうにあります。
去年は雨が多かったから、今年はたくさんのマンゴーがとれるかもしれません。

おいしいマンゴーがたくさんできるといいな~。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

ホテイアオイ

ほていあおい

これは、日本でもおなじみ「ホテイアオイ」です。
カンボジアにもそこらじゅうにあります。

写真じゃちょっと白っぽいですけど、お花の色はとてもきれいな藤色。

ホテイアオイは、とても丈夫なので、ホテイアオイからハンモックやカバンを作ったりします。

そして、またかとお思いでしょうが、もちろん、このお花は


食べ物 です。


なんか、夫と出かけていると、動物を見てはあれはおいしい、植物を見てもこれはおいしい、とにかく全てが食べ物です。
このホテイアオイの花は、ポロホックにつけて食べるそうです。
ちゃんと、市場でも束になってこのお花が売っていました。
もちろん、花束にはなっていますが、野菜屋さんで売ってました。

カンボジア人はお花をよく食べますね。
花を食べるといっても、プロホックにつけて食べたりするので、ちっともロマンチックなわけではありません。単なる野菜扱いです。もうちょっと、この見た目をいかしたらなんて思ったりするんですけどね。

わたしは、ケーキに飾ったり、ゼリーに入れたりしたら、とってもいいんじゃないかって思います。
でも、カンボジア人が見たら、何でケーキの上にきゅうり乗せてるの?ってくらいの感覚なのかな~?
もうじきクリスマスなので、ケーキは何を作ろうか考えたりしますが、カンボジア果物はたくさんあるのですが、あまりケーキのデコレーションには向いてないような気がします。マンゴスチンとかおいしいけど、種があったりするし、やっぱりそのまま食べたいし。けっこう種が入っているのが多いので、使いにくいのかな。フルーツパンチとかなら、いろいろ入れられそうですけどね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

トートク

トートク

これは、トートクという花です。(発音が難しくて、このカタカナ読みじゃ絶対通じない)

この花はただの花ですが、この根っこは煎じて薬にします。
産後の女性が煎じて飲みます。

なんか、薬になるのってよくよく考えてみると、産後の女性用が多いみたい。
やっぱり、カンボジアって昔は10人くらい産むのが普通だったし、そうなると、年がら年中妊娠しているわけで、体だってそりゃ疲れますよね。わたしは2人でもう充分疲れました。

そんなお疲れの女性をいたわる習慣があるんですね。要は弱った人、疲れた人に元気になるような薬ってのがカンボジアにはたくさんある気がします。

植物ってものすごいパワーを持っているから、こういう自然のもので疲労を回復するのってなんだか、すごいなって思います。なんか、病気があってとかじゃなければ、自然の植物の力から元気をもらうのっていいです。

そういえばこないだテレビでやってましたけど、昔はカンボジアはこういった伝統的な植物の薬としての使い方を知っていて利用していましたが、最近はそういことをみんな知らなくなってきました。それで、フランス人がカンボジアの伝統的な薬草の使い方展みたいなのをやっているそうです。

現在のカンボジア人はおばけとか、呪いとかそういうことはよく言ってますけど、そして信じているみたいですけど、こういう薬になる植物とかは全然知らなかったりします。なんでも病気になれば、呪いだとかいうのは、やめてもらいたいけど、有効な成分のある植物とかは知っていたほうがいいのになって思います。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

水牛の角2

こないだ、水牛の角という名前の花についてご紹介しましたが、これが水牛の角です。
水牛の角1

花の後でこんな形に種ができるのです。
確かに水牛の角に見えます。

カンボジアには水牛がたくさんいます。普通の牛もたくさんいるんですけど、水牛もそこらじゅうで見かけます。そういえば水牛なんて当たり前すぎてご紹介していませんでしたが、そのうち写真でも載せようかしら。水牛は、だいたい田んぼでお仕事しています。

乾季は水牛は水をほしがって、大変なんだそうですが、きっと今はうれしいでしょう。水牛は泥によくもぐったりしていますが、今は、水に入り放題ですからね。

そうなんですよ~。せっかく水が引いてきたかと思ったら、昨日の夜の雨と、今日の昼間の雨でまた復活。うちの前はずっと川状態ですが、本当に川になってきました。またしばらく篭城生活です。

そんな中、義弟のお嫁さんに赤ちゃんが産まれたと聞きました。病院にはお見舞いは禁止だそうで、しばらくして落ち着いたら見に行かなくちゃ。でも、そこのうち、まだ1歳くらいの子がいるんですけど、早くもお兄さんです。まだしゃべれないくらいなのに。
こんな水浸しの中、赤ちゃん大丈夫なのかなって心配です。
カンボジアにいると、けっこう人間て強いのねとか、大丈夫なもんなのね、なんて思いますが、たまたまラッキーな子だけが生き延びているような気もします。
衛生的なことだけでなく、暴力や、栄養状態等々、かなり劣悪な子供達が多いです。
でも、きっと、ほとんどのカンボジア人はその状態を劣悪だとは思っていなくて、普通と思っている節があります。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

指輪の花

指輪の花

これは指輪の花という花です。
きれいな紫色の花で、小さな丸い花です。
指輪の花という名前を聞いてから子供達はこの花を指につけては喜んでいます。

うちには生えてないんですけど、お隣に咲いてました。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

水牛の角

水牛の角

これは、水牛の角と呼ばれている花です。
あとで花の部分が水牛の角のように伸びてくるからそういう名前です。

日本語でなんと言うかといえば「ベニイロサンダンカ」です。なぜ知っているかといえば、子供のさんすうのジャポニカ学習帳の表紙に載ってました。でも一般的にはサンタンカというようです。

カンボジアではそこらじゅうで咲いています。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

自然のシャンプー

シャンプー草1
シャンプー草
これなんですけど、葉っぱも何もないただのつるだけの植物。
これをぽんぽん叩くと、泡立つんです。
夫は昔これをシャンプー代わりにしていたとか。

植物だから、サポニンの作用ね~なんて、わたしは知識はあるけれど、実際に植物で泡立てるのは初めてです。
子供達は喜んで、これで洗いたがります。
うちではシャンプー草とよんでいて、お散歩で見つけると、とってきます。

わたしは石鹸を作っているので、うちではシャンプーは買わずに自分で作った石鹸で頭から全身洗っています。でも、いくら手作りとはいっても、基本的な材料は必要なわけで、こんなに自然に生えているので洗えるとなると、ちょっと、またカンボジアにやられた感はあります。
ほんと、自然てすごいですね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

食べちゃうの

プカースナオ

これは、プカースナオ。
この黄色い花をタックルーというソースにつけて食べます。

でも、たくさん咲いたままになっていたので、ここらへんの人は食べるのを知らないのかもしれません。カンボジアでは花をよく食べるんです。バナナの花も食べるし。バナナの花はもう花という感じはしなくて野菜っぽいですけどね。
隣の家に咲いている白い花を子供達が取っているのは、もちろん食べるためです。
白い花はスープにいれて食べます。

シェムリアップも充分田舎だと思うんですけど、シェムリアップの人は町だと思っていて、自然のことはあまり知りません。食べられる花とか薬になる木とかほとんど知りません。そういうのを知っているのは田舎の人なので格好悪いようです。
ガイドさんもカンボジア人なのにカンボジアの自然のことはあまり知りません。以前ブログでご紹介したアンコールワット前で売っている森でとれた果物の名前を知っている人は全くいませんでした。だって、わたしは町の人だからとよくいいます。知らなくて当然。そんな自然のことなんて興味もないし、知る必要もない、そんな考えが普通みたいです。だいたい、カンボジア人は農家の人をバカにしています。銀行で働く人は格好いいです。
自然というか、土にまみれたものは格好悪いので、自分とは無関係だと思うようです。

そんなわけで、カンボジアにいらっしゃる皆さん、このブログをはじめっからよーく読んできたら、はっきりいって、どこのガイドよりもカンボジア通になれること間違いなしです。あ、書いているわたしはほとんど内容は忘れてますけどね。

うちの子は家の前をお砂場のようにしてバケツに土入れたり泥にしたりして遊んでいます。それを見るとカンボジア人達は、驚くようです。
お金持ちなら、お砂遊びとかをするとおかしいのです。
反対に言えば、お金持ちっぽく見せたいなら、お砂遊びはしちゃいけないわけです。
うちの子は、虫で遊んだりしてて、そういうのを見てもびっくりするようです。

こんな自然だらけのところで、自然は貧乏臭いものという考えが変なの~って思います。そういう考え方そのものが田舎者な気はします。本当の都会の人は日本ならそう思わないですものね。

カンボジア人はこんな風にお金持ちとか、格好いいとか、見た目をものすごく気にします。見た目というより、人からどう見られるか。そんな誰も見ちゃいねえよって言いたいですけど、けっこうこれが見ていたりします。暇なんですよね、みんな。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

ご飯のかたまり

ご飯のかたまり

これは、カンボジア語で「ご飯のかたまり」という花です。面白い名前ですね~。
そんなかんじします。
でも、ご飯のかたまりって・・・・・・。
夫と出かけると、すぐにあそこに花がとか、あそこの木がと、説明が始まります。食べられるとか、薬だとか何とかかんとか。でも、これはそんなにきれいでもなかったので、ふーんと流していたところ、名前は「ご飯のかたまり」といわれたので、俄然興味がわきました。


唐辛子
こっちは、うちの庭の片隅にいつの間にかできていた唐辛子。
知らないうちに勝手にできてました。
収穫して何かに使います。
勝手にできているってところがカンボジアっぽいですかね。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カンボジアの花

早起きは・・・

今日は、コンポン・クリアンというところに行ってきました。その話はまた明日。

それで、毎週日曜はだいたいどこかにお出かけしていますが、その出発は朝7時。
お弁当も作っていくので5時起きです。

今日もまた、5時起きで出発しました。
すると、道の両側にたくさんのハスの花。
ピンクのきれいな花がたくさん咲いています。
次には濃いピンクの睡蓮。

ハスも睡蓮も、朝にしか咲かないんです。
朝たくさん咲いていて、思わず「わ~」って言ってしまうような景色も、帰りには花は全然見当たらなくて、ただ葉っぱだけ。
ハスはちょこっとありましたが、睡蓮はぜーんぶ、花が閉じちゃってます。
昼近くにはもう閉じちゃうんですよ。
だから、きれいなハスや、睡蓮を見たい場合は早起きしないと駄目なんです。

カンボジアにはたくさん睡蓮やハスがあるので、観光する時に遺跡に直行ではなく、行く道をきょろきょろしていると、とってもきれいに見えるはずですよ。

雨季になり、景色がきれいになってきました。
わたしは、観光シーズンといわれる乾季より、雨季の方が緑が鮮やかで断然好きです。乾季は緑の葉っぱが茶色(土がついて)なので。
今日もお出かけ中は雨は降りませんでした。
この頃雨はだいたい夜に降ります。
あまり観光には問題ない雨なので、すいている乾季に旅行ってのもけっこういいですよ。

大量のハスの花や睡蓮を見に来てはいかがですか。
そうそう、カンボジアではなんでも食べますから、もちろん、ハスの実、レンコン、睡蓮の茎は食用です。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カンボジア掲示板 ←こちらからどうぞ
ツアーに関しましては業務終了しております。

名前:
メール:
件名:
本文:

molis

Author:molis
モリス 日本人 
カンボジア、シェムリアップ在住 
30代
カンボジア人夫1人、
こども2人